CONTENTS お役立ち情報

色打掛の人気カラー7選!上手な選び方や注意点も解説

色打掛の人気カラー7選!上手な選び方や注意点も解説

「色打掛の人気カラーは何色かな?」
「30代でも着られる色打掛はある?」
「似合う色を選ぶ方法を知りたい!」

このような悩みを抱えていないでしょうか?

色打掛は、さまざまな色が取り入れられており、煌びやかで高級感のある佇まいが人気です。しかし、人によって似合う・似合わないがあるため、カラー選びが難しいという声も良く聞きます。

そこでこの記事では、色打掛の人気カラーや選び方、注意点を解説します。

色の持つイメージや自分の肌との相性を重視することで、より艶やかな花嫁姿を披露できます。人気の色打掛も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

色打掛の人気カラー7選

色打掛にはさまざまな織りや柄が採用されており、色彩豊かに艶やかに仕上げられているのが特徴です。 人気カラーの色打掛や、色が持つイメージ・パワーを見ていきましょう。

1. 赤

色打掛の王道色と言えば「赤」です。赤はパワーの強い色で、明るく力強いイメージに仕上がります。また赤は「血」を想像させ、白無垢から赤い色打掛にお色直しすることは、色打掛に込められた「婚家に染まりました」という意味をより強く思い起こさせるでしょう。

「四季に鶴」は赤を基調に結婚式には欠かせない縁起物「鶴」の飛翔する姿を描いた、華やかな色打掛です。落ち着いた色の小物を合わせることで上品に仕上がっており、大人花嫁にも似合いやすい1枚です。

赤い色打掛については関連記事「色打掛の赤にはどんな意味がある?人気の理由や合わせる髪色や髪飾り・ネイルまで紹介」で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

2. ピンク

色打掛で人気色の1つ「ピンク」は愛らしさや幸せなイメージになり、晴れの日を迎えた幸せや初々しい花嫁の気持ちを表現できる色です。無邪気さや愛をイメージさせる色なので、結婚式にもピッタリでしょう。

「雲取り鶴」は、可愛らしく仕上がりやすいピンクの中でも、グラデーションを使うことで大人っぽくシックに仕上げた高級感のある色打掛です。縁起のいい鶴が羽ばたいている姿が大胆にあしらわれ、金箔が美しく輝く艶やかな衣装です。

3. 金

赤に並んで結婚式に欠かせないと言えば金(ゴールド)でしょう。特に色打掛には欠かせない色で、豪華絢爛に見せてくれる色です。金色は豊かさや富を表し、どの色打掛にも取り入れられているといっていいほど大切な色となっています。

「四季花つくし」は金色の刺繍が輝くとても豪華な色打掛です。金色とグリーンがベースになっており、色とりどりの花々が刺繍されているためとても華やかで高級感のある仕上がりになっています。

金色の色打掛については関連記事「金色の色打掛11選!高級感と華やかさで結婚式を豪華に彩ろう」でも紹介しています。ぜひご覧ください。

4. 黒

黒は、婚家以外の色に染まらないという花嫁の強い意思を表すとされており、白無垢の「白」と色打掛の代表色である「赤」とともに、結婚式には欠かせない色の1つです。

もともとは黒引き振袖として着用されていましたが、黒ベースの色打掛もよく選ばれています。 黒は高級感の出る色で、華やかな色使いでも落ち着いて見えることから、大人花嫁にも人気です。

「黒地鳳凰」は、黒をベースに鳳凰が羽を広げた姿が色鮮やかに描かれた上品な色打掛です。豪華な刺繍が丁寧にほどこされ、優雅で花嫁の美しさが際立つ1枚です。

黒い色打掛については関連記事「黒い色打掛や柄の意味を解説!髪型やおしゃれに着こなす3つのポイントとは」で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

5. 青

青は花嫁の誠実な気持ちを表した色と言われています。欧米の言い伝え「サムシングブルー」にもあるように、花嫁の幸せを願う色としても有名です。パステルブルーなら優しい印象に、濃い青なら凛としたイメージになるでしょう。

「青海熨斗目鶴」は海のような青さが美しい色打掛です。光沢のある青に青海波文(せいがいはもん)をあしらい、花嫁の幸せを願う気持ちが込められています。鶴や熨斗目(のしめ)も描かれ結婚式にふさわしい色打掛です。

青い色打掛については関連記事「青い色打掛や柄にこめられた意味を徹底解説!選ぶポイントや着用ルールも説明」で詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

6. 紫

紫は昔から高貴な色とされており、神秘的なイメージのある色です。上品で気品のある色でもあるため、色打掛でも良く使われています。淡い藤色は上品さが際立ちやわらかな雰囲気に、濃紫なら気高い高貴な仕上がりになるでしょう。

「桜鶴」は美しいグラデーションが魅力的な色打掛です。桜の刺繍がとても上品で、落ち着いた雰囲気がとても優雅で大人の魅力が際立ちます。ワンランク上の色打掛にしたい大人花嫁にもおすすめです。

7. 緑

花嫁の若々しさや生命力を想像させる緑は、癒しの色でもあり大人っぽさが漂います。くすみの入ったグリーンは落ち着いて見えることから、華やかさが苦手な人にもおすすめの色です。

「御所鶴」は珍しいエメラルドグリーンの色打掛。美しいグリーンは個性が際立ち、花嫁をより美しく見せてくれる1枚です。鶴や松など古典柄でありながら、鮮やかなグリーンがおしゃれでモダンに仕上げてくれます。上品かつおしゃれな色打掛が好きな人にピッタリでしょう。

緑の色打掛については関連記事「緑の色打掛は調和や成長を意味する!柄の意味や髪型・選び方も解説」で詳しく説明しているのでぜひご覧ください。

おすすめの色打掛の選び方5選

色打掛の色や柄はたくさんあるため、どんな物を選べばいいのか迷う人もいるでしょう。似合う色打掛を選ぶ方法は、次の5つです。

  1. 好きな色から選ぶ
  2. 好きな柄から選ぶ
  3. 人気カラーから選ぶ
  4. 好きなブランドから選ぶ
  5. 色の組み合わせから選ぶ

詳しく見ていきましょう。

1. 好きな色から選ぶ

まずは自分が好きな色、気になる色から合わせてみるのがおすすめです。色打掛にはいろいろな色が採用されているため、パッと見たときのイメージが好きな色のものから選ぶと似合う物を選びやすくなるでしょう。

季節に合わせたり、パーソナルカラーから選んだりするのもおすすめです。好きな色や着てみたい色を複数選んでおくと、より選びやすくなるでしょう。

2. 好きな柄から選ぶ

色打掛には、鶴などの吉祥文様と呼ばれる柄がたくさん描かれています。好きなものや縁起のよい柄から選ぶのもおすすめです。

夫婦円満の象徴である鶴や鳳凰などは人気が高く、色打掛でもよく採用されている柄です。ほかにも桜や古典柄は根強い人気があります。柄の意味も合わせて選ぶと、より趣のある選び方ができるでしょう。

3. 人気カラーから選ぶ

好きな色や柄がない場合やピンとくる色打掛がない場合は、人気のカラーから選ぶのもおすすめです。色打掛では定番の赤や、女性なら一度は憧れるピンク、豪華さが際立つ金などは定番で、花嫁を美しく見せてくれる色です。

大人びたイメージや落ち着いた印象に仕上げたいなら、黒などもおすすめ。個性的な色打掛なら、青や緑などもおしゃれです。

4. 好きなブランドから選ぶ

ブランドや作家から色打掛を選ぶのもおすすめです。有名なブランドや作家の色打掛は、古典的なものから現代風のモダンなものまでいろいろあります。

なお、人気のブランドや有名作家の色打掛は、レンタル料がやや高めになる点に注意が必要です。また、早めに予約しないと気に入った色打掛が着られないこともあります。結婚式の日程が決まったらすぐに衣装探しを始めるとよいでしょう。

5. 色の組み合わせから選ぶ

色打掛は1色だけでなく複数の色を組み合わせている場合があるので、好きな色の組み合わせを楽しむのもおすすめです。 例えば赤や黒とゴールドの組み合わせは、花嫁の美しさを際立たせ豪華に見せてくれます。

好きな色を組み合わせたり、気になる色と人気のカラーを組み合わせたりして、似合う1枚を探してみてください。

色打掛を選ぶときの注意点

色打掛を選ぶときは、次の3つに注目してみてください。

  1. 顔色に合わせて選ぶ
  2. 背中や袖の見え方を確認する
  3. 試着してから選ぶ

詳しく説明していきます。

1. 顔色に合わせて選ぶ

色打掛を選ぶときは、試着するなどして顔色に合っているかどうかをチェックしましょう。合わせたときに顔色が悪く見える、暗く見えるのものはあまりおすすめではありません。 花嫁の顔を美しく見せてくれる色や、引き立ててくれる柄を選ぶのがポイントです。顔色がよく見えるものや、映えると感じる物を選んでみてください。

2. 背中や袖の見え方を確認する

色打掛は背中や袖の柄が異なることが多いので、それぞれの見え方を確認しておきましょう。とくに背中はゲストの視線を集めやすいので、どんな風に見えているのか鏡や写真などでチェックするのがおすすめです。

背中や袖の部分は、前撮りなどでもよく見えるように工夫して撮影されるため、イメージ通りに着られるかをチェックしておくと納得のいく衣装になります。衣装によっては前と後ろで色使いやデザインが異なるものもあるので、忘れずにチェックしておきましょう。

3. 試着してから選ぶ

お気に入りの色や柄の色打掛でも、しっかり試着してから選ぶようにしてください。袖を通してみたら、思っていたイメージと違ったと感じる人も少なくないからです。また、思ったより顔が映えなかったり、似合わないと感じたりすることもあります。

試着してから選ぶことで、当日もイメージ通りの衣装になるでしょう。

レンタルで人気の色打掛5選

最後に、ザ・キモノショップで人気の色打掛を5つ紹介します。どれも素敵な衣装なので、色打掛を選ぶときの参考にしてみてください。

1. 白紫裂取菊花紋

あわいピンクが上品で美しい色打掛です。紫がアクセントになり、菊や七宝などの吉祥文様がとてもおしゃれに見えます。古典的でありながらモダンさも感じられる、インパクトのある1枚です。

2. 慶寿

慶寿

¥110,000
VIEW MORE

鮮やかに描かれた宝づくしの文様が美しい色打掛です。統一感のある色使いとレトロな柄がマッチしており、とても上品に仕上がっています。おめでたさが一段とアップする、結婚式にふさわしい1枚です。

3. 春秋桜花地紋

花嫁の愛らしさが際立つ、古典柄でとてもおしゃれな色打掛です。所狭しと描かれた鮮やかな四季の花々が、花嫁をより美しく気高く見せてくれます。お花が好きな女性にもピッタリの1枚ではないでしょうか。

4. 菊花青海紋

大小の菊とオレンジが目を引く色打掛です。 パステルカラーのやさしい色使いと青海紋の特徴的な文様がうまくマッチして、独特の雰囲気があります。個性が光る衣装です。

5. 鎌倉模様

シックな中にも豪華さと上品さが際立つ個性的な色打掛です。全体的に落ち着いた色味ながら小花や美しい刺繍がとても豪華で、花嫁を艶やかに見せてくれます。大人花嫁にも似合いやすい、個性的で現代風の色打掛です。

色打掛は試着して選ぶのがおすすめ!人気のカラーや柄から似合うものを探してみよう

色打掛にはさまざまな色が採用されており、花嫁を美しく彩ってくれます。また、吉祥文様がたくさん描かれているので、柄の意味にもぜひ注目して選んでみてください。

人気のカラーは王道と言われる赤や豪華さが際立つゴールドなどですが、ピンクや青、紫なども人気です。色の組み合わせでイメージが大きく変わるので、たくさん試着してみてお気に入りの1枚を探してみましょう。

ザ・キモノショップでは、古典柄や現代風のモダンなものまで色とりどりの色打掛を取り扱っております。実際に試着もしていただけますので、ぜひ気軽にご来店ください。