白無垢とは?色打掛とは?花嫁着物衣装のバリエーション。結婚着物専門【THE KIMONO SHOP−ザ・キモノショップ】

KNOWLEDGE

白無垢と色打掛の違いってなに?
神社挙式をしたいけどどう
衣装を選べばいいの?など
着物の種類や柄など和の
花嫁衣裳の豆知識をまとめました。

花嫁着物について

和装を着ることが決まったら、
気になるのは花嫁衣装の種類や小物・柄のこと。
せっかくの結婚式は、細部までとことん
こだわりぬいて、運命の一着を見つけてください。

花嫁着物のバリエーション

白無垢・色打掛・引き振袖など
花嫁の着物にはいろいろな種類があります。

最も格式の高い正礼装で、挙式にのみ着られます。
武家社会の婚礼の流れをくんだ、古式ゆかしいスタイル。

1.白無垢

挙式に

掛下から小物まで、すべてを白で統一した婚礼衣装。 白は古来、「太陽の色」とされた神聖な色で、花嫁の清らかさや心の美しさを象徴します。「嫁ぎ先のどんな家風にも染まります」という意味を持つとも言われますが、身にまとうことで心を凛と引き立たせてくれます。 挙式の際は、角隠しまたは綿帽子をつけます。

ことはじめ鎌倉時代・室町時代の武家や豪商の花嫁衣装として始まりました。この時代の女性は、外出するときには塵よけのためにきものを頭からかぶっていたため、そのなごりとして白無垢には綿帽子が組み合わされます。

白無垢と同格の正礼装です。色どりの美しさだけでなく、
縁起ものの柄を選ぶのも楽しみのひとつに。

2.色打掛

挙式・披露宴に

色も柄も華やかな色打掛。
角隠しをつけて挙式に臨むこともできますが、会食や披露宴でのお色直しをより印象的にするには、挙式時に白無垢を着てお色直しで打掛を掛け替えるとよいでしょう。

ことはじめ室町時代末期~江戸時代にかけて、きものの上にもう一枚別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装でした。 色打掛はその豪華絢爛な美しさから、やがて裕福な町人や豪農にも広がりました。